スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激闘乱舞in札幌 後編

どこから書こうか。


そうだな、


とりあえず





「3倍になる事」は避けれました。


ありがとうございます。


susukino-intersection[1]


前回の続き。


観光で38k使い札幌の洗礼を浴びた僕であったがそのハートの火は消えてはいなかった。


というのも旅行先が北海道に決まったその時から僕はずっと、とある場所を訪れる事を目的の一つにしていた。


そこへ行くまでは(パチスロで)死んでも死にきれない。


それが札幌三大観光名所の最後の一つ


「すすきの」


だ。


飲み屋とかも行きました。


行きましたけど無論、今回僕が言っているのは飲み屋とかそーいう「すすきの」ではない。


「撫子スネイク」的な「すすきの」の事です。


だから札幌観光とかのキーワードでこのページ飛んできた方、帰ったほうが良いとお、も、う、よ。




では



稼働内容にいきます。



案内所で実戦ホールを適当にチョイス。



徒歩2分ほどでホールに到着(名前忘れた)。



投資



15.5k



さぁ鬼が出るか蛇が出るか、出来れば「お初」みたいのが良いけど。


いやいや「ペルセポネ」も捨てがたいナ。


鬼が出るか蛇が出るか、と書いたが


仮に「オウガイ」みたいなのが来てもブログのネタになるしまぁいいか。「乙女抜きでVSオウガイ」とかね。いやそれだとあんま釣れねぇな。アウトポイント300止まりだな。「すすきので撫子スネイク」にしようか。


なんて考ているとスタッフに呼ばれカーテンの前に案内される。


「向こう側におりますので」


「いってらっしゃいませ。」



スタッフに軽く会釈をしカーテンをくぐる









「すみませんでした。オウガイさんでも構いません。僕はオウガイさんで構いません。むしろオウガイさんがいいです。チェンジ!チェンジ!オウガイさん!オウガイさーーーーーーーーん!!!」




カーテンの向こうには


「ハイヒール リンゴ」と「ハリセンボン はるな 」と「秋元康」を足して3で


割らなかったような


黒髪のふくよかな乙女が待ち構えていた。


僕の願い虚しく、乙女は「こんばんは」と言い終わるか終わらないかの刹那で腕をがっちりとロック。


そのまま遊戯場所まで連行され僕は実戦を開始したのでした。



そこから細かい解説は省きますが



50分程遊戯。



途中PUSHボタンを押すと



「ねだるな勝ち取れ!」とか「後は走り抜けるだけだ!」とか「デミムーアじゃねーよ!」とかカットインが発生したりしてました。





遊戯終了後逃げるように店をあとに。



「ありがとうございました。またよろしくお願いします。」


「もう来ねーよ!変なアンケート書かせやがって。好みの体型って項目外しとけよ!」


収支-15.5k





そんなこんなで僕の夜の実戦は終わった、



かに見えた…。


しかしまだ悪夢は終わっていなかった…。






ホテルの自分の部屋に帰ると、


数名の先輩が部屋で盛り上がっている


「出張乙女」に電話を掛けたらしいのだ。


それでジャンケンで負けた人間が「出張乙女」の相手をする、と。


部屋には僕含め5人。


負ける確率は20%。


そこは89%ループの蒼剣ラッシュを単発で終わらせる男、



じゃーん、けーん、ポン!



20%なんて余裕で引いてくる。


という事で嫌々2回戦開始。


時刻は深夜3時半ころ、部屋のチャイムが鳴った。


ドアを開けると




仲田プロ



ファンの方スミマセン。仲田加南プロに0.7掛けた(実際会ったこと無いので推測)位の「出張乙女」が立っていた。


またか。


まぁ何となく察しは付いていた。だって10kだもん。


「じゃー始めます。」


実戦の詳細については割愛させて頂くが50分だか60分だか遊戯。


向こうはまさか僕の頭の中が「格闘倶楽部バトル」のはあーー!の所などとは思いもしていなかっただろうけど。


「じゃあ。」


上乗せ後、そう言って仲田プロは帰っていった。


今後楽しく「麻雀格闘倶楽部 」が打てるか心配です…。



収支-10k


深夜5時前


就寝。


稼働終わり。





そんな感じ。


感想としては北海道はいいところですね、と。


美味しいものも沢山あるのでしょう、


他の人に聞くと


「渡辺直美(まじ)」や「朝青龍(まじ)」などふくよかな「乙女」も多数いた、と。


「北海道はでっかいどう」ってこういう意味だったんだな、と。


いやそんな話しか聞かないけど大丈夫か?


と思いながらもまた機会があれば行ってみたい


そんな僕の心を掴んで離さない北海道でした。


おしまい。


にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

コメント

No title

ススキノは値段が安い(安かろう悪かろうであって、値ごろ感があるでは無い)という噂は本当だったんですね・・・。

なによりも、190さんの様に、3倍に腫れることがなくて良かったですねw。

Re: No title

> 火だるま親父 さん


いやぁ書きながら思い出すだけでツラかった…。

行った組は翌日もれなく死んでましたよ。目が。
それはもう表情を見ればコイツ行ったなと分かるくらいに。
しばらく封印です。多分w

No title

パチスロで一喜一憂。風〇で一喜一憂。これも人生。

Re: No title

>190さん


〇族、最近というかここ2年ほど一喜九憂くらいなんス(汗
どげんかせんといかん。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。